CSSの基本が分かればデザインの幅が広がる!

テーブルレイアウトは卒業!CSSを覚えよう

ホームページを作る時は、面白くて役に立つ文章を書いたほうが良いのはもちろんですが、見やすいレイアウトにすることも大切です。有益な情報が記載されていても、読みにくければ読者は集まりませんね。CSSが一般的になる前は、HTMLのtable要素でページ全体をレイアウトして、ページの中心に本文を、その脇にメニューを配置することがありました。これは「テーブルレイアウト」と呼ばれています。
ですが、table要素はデータの一覧表を作るためのもので、レイアウトに使うものではありません。HTMLは文章の構造を作るもので、デザインを決めるのはCSSです。テーブルレイアウトは望ましくないというだけではなく、CSSを使ってページをデザインしたほうが、デザインの幅はぐっと広まりますよ。

CSSを使えばどんなことができる?

CSSを解説する書籍は数多く販売されていますし、専門サイトも存在します。どんな言語もはじめは取っ付きにくいですが、CSSはHTMLをデコレーションするものですから、ほかのプログラミング言語と比べれば、簡単に使えるようになります。
CSSを使えば、fontでフォントの種類や大きさを指定したり、backgroundで背景色や画像を設定したりできるようになります。前述のテーブルレイアウトは、floatで再現することができます。
また、スマートフォンが多く使われるようになった今、忘れることができないのは、「リキッドデザイン」という、同じページをデバイスごとに最適なデザインで表示する考え方です。PC用とスマートフォン用に別のページを用意する方法もありますが、CSSを使うことで、同一ページのデザインを表示するデバイスによって変えることができます。このように、アクセスするユーザーの利便性を高めるためにも、CSSは欠かせないものです。

HP作成というのは、専門業者への依頼も可能で、プロならではの技術によって見栄えの良い仕上がりが期待できます。

PickUpオススメ